絵で残す

人物像や風景をいつまでも残しておくのには何より写真が便利です。
しかし絵画には写真にない良さがあります。ちょっと特別なことに使いたい場合、思い出に残したい場合、画家の人に肖像画を注文してみてはいかがでしょう。いつまでも大切に残しておく宝物にすることができますよ。
肖像画を注文するなんて中世の貴族や武将のような仰々しいことのような気がします。しかし今ではどんな人でも肖像画を注文することができるんですよ。夫婦の記念や家族の思い出、亡くなった人の遺影としても使うことが出来ます。
特別な想いを込めたい時には肖像画はおすすめですよ。プレゼントにしても喜ばれるかも知れませんね。ネットから簡単に注文することができます。

古代ローマの時代から王侯貴族の絵を職人に描いてもらうという文化はありました。当時は画家とか芸術家と言うよりは注文通りのものを作ってもらう職人といった身分だったそうです。しかし、スペインの偉大な画家であるベラスケスがフェリペ4世に愛されて王の側近として使えたことから宮廷お抱えの画家が芸術家として扱われるようになったという歴史があります。
その他にもポートレイトには意味が込められていたり、謎めいていたりとロマンチックなところも面白いですよね。






line

What's New

2012/11/28
耳より記事2を更新。
2012/10/09
耳より記事を更新。
2012/06/18
こんな時にを更新。
2012/06/18
飾る場所を更新。
2012/06/18
額縁を選ぶを更新。
2012/06/18
画材を更新。
2012/06/18
肖像画を注文してみようを更新。
2012/06/18
ホームページリニューアル
line

Recommend Entry

妻の肖像画を・・

まだ生きているのになんだか肖像画があれば、それだけどこか安心する部分がありますね。ずっと心に残るというかなんというか、ね?(笑)

すごい

私は以前肖像画を注文したんですね。するとその仕上がりはとてつもなく写真に近かったです。しかし、写真よりもやわらかくひょうげんされておりましたのですごくいい仕上がりになっておりました。

line

RECOMMEND SITE

line